Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お寺

建仁寺は風神雷神図・双龍図が有名な禅寺

更新日:

建仁寺は花見小路通に繋がっているお寺で、摩利支天堂などの塔頭などもあり、食事や買い物は花見小路通や四条通で行い、お寺の観光は建仁寺という感じで回ると、華やかな観光と、渋い観光が両方楽しめると思います。

建仁寺を歴史と人物で楽しむ

建仁寺は臨済宗建仁寺派の大本山の寺院で、周りに14の塔頭が建ち並ぶ大きな寺院です。

源頼家

京都で最初の禅寺で、1202年(建仁2)に栄西禅師が鎌倉幕府第2代将軍である源頼家の援助により、宋の百丈山を模して建立しています。

栄西

栄西禅師は日本に初めて禅をもたらした人物であり、中国から茶種を持ち帰り、喫茶を広めた茶祖でもあります。

蘭渓道隆

創建当初は天台、密教、禅の三宗が学べる寺院でしたが、1262年(弘長2年)に宋から渡来した禅僧である、蘭渓道隆が十一代目の住職として入寺。

それによって禅の作法や規則が強化され、禅道場になったという。

その関係で建仁寺は4/20に四頭茶会が行われます。
着物姿で茶道をたしなむ人が大半という本格的な茶会のようですが、一般の人も茶研を入手できれば参加できるようですね。

まとめ

建仁寺 = 源頼家(援助)→栄西(開山)→蘭渓道隆(禅道場へと変化)→四頭茶会

建仁寺は、室町時代には、格式高い五つの寺である京都五山の第3位となりました。
ちなみに、京都五山とは天龍寺、相国寺、建仁寺、東福寺、万寿寺のことをいいます。

建仁寺の要点をまとめると以下の通りです。

建仁寺の要点

・山号は東山。
・本尊は釈迦如来。
・開基は源頼家。
・開山は栄西。

 

建仁寺は詩文や芸術に長けた僧を多く輩出し、学問面(がくもんづら)と称された寺院。
ちなみに大徳寺は茶面(ちゃづら)、東福寺は伽藍面、南禅寺は武家面、妙心寺派算盤面、相国寺は声明面と呼ばれています。

また、寺号は建仁寺(けんにんじ)ですが、地元では親しみを込めて「けんねんさん」と呼ばれている場合があることを覚えておくと良いでしょう。

建仁寺の見どころ

建仁寺といえば?
と考えるとよく言われるのが風神雷神図と龍神画です。
それらを含め建仁寺の見どころを紹介していきます。

法堂天井の双龍図

双龍図は、意外と新しい作品で、2002年(平成14年)に建仁寺創建800年を記念して、日本画家小泉淳作(こいずが約2年の歳月を掛けて描いたものです。

縦11.4メートル、横15.7メートルの双龍図はもの凄い迫力で衝撃を受ける人も多いそうです。
方丈と法堂が繋がっているので、方丈から有料で入れば見ることができます。

風神雷神図

国宝に指定されている風神雷神図は珍しい二曲一双屏風で、左に雷神、右に風神が描かれています。

風神雷神図は縦154.5センチ、横169.8センチ。
現在は京都国立博物館に寄託されており、建仁寺で見られるのは複製の屏風と陶板なのだが、これはこれで美しく、見どころの一つといえる代物です。

ちなみに風神雷神図は、江戸初期の画家である俵屋宗達の最高傑作と言われています。

俵屋宗達は、裕福な町人の出身であり、俵屋という絵画工房を主催。
本阿弥光悦と「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」などを合作した人物です。

勅使門

重要文化財に指定されている勅使門は銅板葺、切妻造りの四脚門です。
扉に戦乱の時に付いたとされる矢痕があるところから、矢の根門とも呼ばれているのを知っていると面白さも増すと思いますね。

方丈

建仁寺の方丈は重要文化財に指定されている建物です。
1599年(慶長4年)に安芸の安国寺から移築しされています。

造りとしては、柿葺、単層入母屋造で、柱などが桃山風の禅宗様の建物で、方丈から拝観料を払い、風神雷神図や龍の襖絵や庭などを観覧でき、庭や法堂などへ続くような造りになっています。

また、東福門院から寄進された本尊・十一面観音菩薩像が安置されている建仁寺の内部を見る入り口になっている場所といえそうです。

さて、通常寺院では建物内や文化財などは撮影禁止とされているところが多い。
写真を撮れても庭だけというところがほとんどと言えそうです。

しかし、建仁寺は全て撮影OKという珍しい寺院なのです。
受付で拝観料を払った後、「写真撮影全てOKですので、ご自由にお撮り下さい。」と声をかけてくれる事すらあるし、撮影OKの紙まで貼られていたりする。

なので、有名な天井の龍神画も風神雷神図も撮影することができ、京都観光の思い出作りにはいい観光スポットと言えそうです。

風神雷神図は複製だが、それでもやは見応えがあり、その他の作品たちも風情のある作品ばかりなので、一度立ち寄ってみるといいと思う場所です。

建仁寺の塔頭

禅居庵と摩利支天堂

建仁寺の隅に禅居庵があります。
禅居庵を通り抜けると摩利支天を祀る摩利支天堂があります。
摩利支天堂は狛犬ではなく、狛猪があり、おみくじなどもイノシシ仕様になっているなど、イノシシが色濃く出ている場所なので、興味がある人は建仁寺のついでに行ってみると良さそうです。

両足院

建仁寺の塔頭に両足院というお寺があります。
予約が必要で、期間限定で特別公開していることがある寺院です。

両=知恵・慈悲
足=足る
院=寺院

御朱印帳

そして、もうひとつ、建仁寺で手に入れたいものは、御朱印帳そうです。
建仁寺の御朱印帳は3種類あり、どれもとてもかっこいいものが多い。

通常の御朱印帳は紫一色だったり、赤に京都らしい模様や花柄のものだったりと渋かったりよく見るデザインが多い。

しかし、建仁寺の御朱印帳は建仁寺のオリジナル性が出ている御朱印帳となっているのです。

ひとつ目は建仁寺を象徴する「風神雷神図」。
ふたつ目は「雲龍図」。
みっつ目は「こぼんさん」。

価格は1400円で、一般的な御朱印帳より大きく、ケース付きでしっかりとした作りになっています。

通常はご朱印を書いていただくと、300円志納する事が多い。
しかし、建仁寺では御朱印帳を購入すると御朱印は無料で描いてもらえるのもお得感がある。

御朱印に興味があるなら一度御朱印帳や御朱印を見てみると楽しみが増えるそうです。

座禅・写経

建仁寺では毎月第二日曜日午前8時より座禅体験を行っています。
今のところ予約なしでも体験できる。
写経体験は予約なしでいつでもできます。

建仁寺へのアクセス

[map address="京都府京都市東山区 大和大路通四条下る小松町584" width="100%" height="300px" api="AIzaSyAlCYoqYGdKEPIea4tlRi1pKS8PT2DvVzE" theme="" class=" " zoom="18" draggable="true" controls="true"]

住所:東山区大和大路四条下ル小松町584

バス

・京阪電車「祇園四条駅」より 徒歩 7分。
・阪急電車「河原町駅」より 徒歩10分。
・JR京都駅より 市バス206系統・100系統。
・市バス「東山安井」より徒歩5分。
・市バス「南座前」より徒歩7分。

電車

建仁寺の最寄駅は京阪電車祇園四条駅です。
祇園四条駅から徒歩で約7分。
阪急電車の河原町駅からも近く、徒歩で約10分程度となっています。

この辺りは四条通りや錦市場通り、八坂神社なども近く、便利な駅となっているので覚えておくと京都観光で重宝する。

建仁寺の近くにも鴨川やいくつも社寺仏閣、飲食店などがあるので、覚えておくといいそうです。

開閉時間・料金など

開閉時間 :10:00~16:00
休館:12月28日~12月31日
料金:大人500円、中高生300円、小学生以下無料

おすすめの散策ルート

観光スポットの数を回りたい浅く広くのルート

知恩院→八坂神社→辰巳大明神→鴨川→花見小路通→建仁寺→安井金比羅宮→恵美須神社→四条通→錦市場通り→四条駅・烏丸駅

知恩院や八坂神社という大きな社寺と、その他小さめな神社を混ぜたプランです。
ただし、知恩院と八坂神社は隣り合っていて、どちらも広い観光スポットとなっています。
その2つをじっくり見ていると1日終わるということも。

さらに四条通などの買い物スポットも近くにあるため、1日で見るのはかなり要点を押さえて次々と回るようになるので要注意。

八坂神社は坂、知恩院は階段の上り下りもあるので運動不足の人には建仁寺までの歩きでも疲れが出ることも。

かなりのハイペースで行かないと全部は回れないので、次から次へと浅く広く、ざっくり楽しむ人向けの観光プランです。

お店重視プラン型ルート

四条駅・烏丸駅→四条通→建仁寺→花見小路通→八坂神社→高台寺→二年坂・三年坂→清水寺→清水五条(最寄駅まで遠いのでタクシーがおすすめ)

建仁寺を起点に、四条通や花見小路通という有名な通を楽しみつつ、八坂神社へ向かう。
そこから知恩院に行かず、高台寺にいくプランです。

高台寺方面にいくとインパクトのある大仏や二年坂・三年坂と続き、清水寺へも続くようになっています。

飲食店やお土産屋などが好きな人向けのおすすめプランです。

建仁寺近辺のバランス型ルート

四条駅・烏丸駅→四条通り→錦市場通り→建仁寺→花見小路通→八坂神社→祇園市白川→鴨川→祇園四条駅・河原町駅

最寄駅ではない四条駅や烏丸駅から出て四条駅を楽しみ、そのまま錦市場通りを楽しむ。

錦天満宮へ突き当たるので右に進んでやや歩くが建仁寺へ。
その後、建仁寺から出ると花見小路通に続いているので楽しめるそうです。

花見小路通を出て右に進めば八坂神社があり、引き返してきたところ祇園白川に行ける。
祇園白川を出ると鴨川がある。
その後、近くの祇園四条駅や川原町駅から京都駅などへ帰るプランです。

建仁寺周辺は社寺仏閣やお店などの観光スポットが密集しているので、狭い範囲でも1日終わるほど見応えがある。

その点を知っておくと、ハズレのない京都観光ができそうです。

参考にしてください。

-お寺

Copyright© 京都ページ | 京都観光のおすすめ・定番・紅葉などを写真解説 , 2018 All Rights Reserved.