Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お寺

歴史の「本能寺の変」で有名な本能寺がある場所は京都の街中

更新日:

本能寺は、法華宗本門流の大本山です。現在の寺院には、恵昇院、蓮承院、定性院、高俊院、本行院、源妙院、龍雲院の7院の塔頭があります。織田信長が明智光秀に討たれた「本能寺の変」が、あまりにも有名ですね。

現在の本能寺は寺町御池にありますが、本能寺の変があった当時は、西洞院四条の辺りにあったそうです。本能寺は1415年(応永22年)に日隆聖人が妙本寺を去り、油小路高辻と五条坊門の間に創建されました。その後日隆聖人と対立した妙本寺5世月明が本応寺を破却し、1429年(永享元年)に小袖屋宗句の援助により、千本極楽付近に再建され、1433年(永享5年)如意王丸から六角大宮の土地を寄進されて移り、本能寺に名称を改めました。

当時の本能寺は、周りに堀や土塁が築かれた城郭造りで、京都でも随一の大きな寺院だったそうです。1582年(天正10年)本能寺の変によって焼失し、1591年(天正19年)豊臣秀吉の命令により、現在の地への移転し、再建されました。

本能寺見どころ

本能寺の変があまりにも有名なので、本能寺を訪れたことがない人はどんな立派な寺院なのだろうと期待してしまうと思います。歴史的な知名度とは裏腹に、現在の本能寺はビルに囲まれた一角にひっそりとあります。山門前には商店街も。なんとも不釣り合いな感は拭えませんが、奥に入ると本堂が見えます。

見どころは登録有形文化財に指定されている本堂と信長公御廟所拝殿、大宝殿宝物館です。
本堂は本瓦葺の入母屋造で、日蓮聖人や織田信長の位牌などが祀られています。
信長公御廟所拝殿は本堂の南側にあり、木造平屋建の銅板葺で1928年(昭和3年)ごろに再建された模様。

大宝殿宝物館

大宝殿宝物館では破却、兵火、火災などを潜り抜けた三足の蛙、梅樹雉雀文様銅鏡、建盞天目茶碗などの文化財を展示公開しています。大宝殿宝物館は1998年(平成10年)に建築されました。

ちなみに、本能寺の変があった場所は、京都府中京区小川通蛸薬師元本能寺町にあり、現在は老人ホームや学校が建っていて本能寺跡という石碑があります。

御朱印と御朱印帳

本能寺の御朱印は、妙法と書かれています。300円でいただけます。
御首題は南無妙法蓮華経と書かれています。300円でいただけます。

御朱印は御朱印帳に、御主題は御主題帳にいただくのが基本です。
本能寺のオリジナルの御朱印帳は、織田木瓜が描かれている御朱印帳が1冊と、寺紋が描かれている御朱印帳が色違いで3冊あります。1000円です。どの御朱印帳にも白い長方形の部分があります。そこに御朱印帳、もしくは御主題帳と記入します。

おすすめ観光ルート


行き(京都駅→地下鉄烏丸線・四条駅)→四条通り→錦市場・錦天満宮→誓願寺→本能寺→鴨川→祇園白川→八坂神社・円山公園→知恩院→青蓮院→花見小路→建仁寺→四条通り→帰り(地下鉄烏丸線・四条駅→京都駅)

本能寺のある場所はお寺や神社、飲食店やお土産やなど観光スポットが密集しています。そのため上記のおすすめ観光ルート以外にも多々見どころがあります。季節によって見どころも変わるので、気になるお寺や神社などを当サイトでチェックして見てください。

例えば鴨川や祇園白川、円山公園は桜の時期が綺麗です。そこから知恩院へ行く上記のルートと逆に進めばに高台寺→二年坂→三年坂→清水寺というルートへも徒歩で行くことができます。また、知恩院や青蓮院は紅葉の時期に夜間ライトアップもさたり、四条通り付近にある先斗町は夜に賑わうなど、季節や時期によって変化もあるので、行く時期に合わせて見どころの要点を絞って行くのがおすすめです。

本能寺へのアクセス

住所:京都府京都市中京区寺町通御池下ル下本能寺前町522
拝観時間:6:00~17:00 
大寶殿宝物館:9:00~17:00 受付16:30終了
大寶殿宝物館料金:一般500円、ホテル本能寺利用者300円、中・高校生300円、小学生250円、修学旅行生200円

京都駅から地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」乗換東西線へ、市バス「市役所前駅」下車 市バス・京都バス 「河原町三条停」下車すぐ
京阪電車「三条駅」下車 
阪急電車「河原町駅」下車 

-お寺

Copyright© 京都ページ | 京都観光のおすすめ・定番・紅葉などを写真解説 , 2018 All Rights Reserved.