Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

神社

八大神社は宮本武蔵ゆかりの地

更新日:

八大神社の歴史

八大神社は、詩仙堂に隣接している神社です。永仁2年(1294年)に創建されました。京の東北に当たる裏鬼門に位置しているので、厄除けの神様として知られています。

御祭神は、一乗寺の産土神、氏神は素盞嗚命、稲田姫命、八王子命を祀っています。境内には慶長9年(1604年)宮本武蔵が吉岡一門と決闘せした当時の下り松の古木があります。

八大神社見どころ

一乗寺下り松

八大神社は宮本武蔵とゆかりのある寺としても有名です。中でも一乗寺下り松の決闘は映画や小説にも描かれた有名な決闘ですね。宮本武蔵が吉岡道場の数十人とも言われる刺客との戦いを描いた場所なのです。

戦いの前に、宮本武蔵は八大神社に立ち寄り「勝たせたまえ。今日こそは武蔵が一生の大事。」祈ろうとした瞬間、宮本武蔵は、我に返り「神仏を尊んで、神仏を恃まず」と決意し、一条下り松で戦いに挑んだと言われています。

「神仏を尊んで、神仏を恃まず」とは、「神仏は尊ぶが、頼りにはしない」という意味です。宮本武蔵が「悟り」とも言える境地に達したのがこの地であり、 「宮本武蔵・開悟の地」 として知られています。 現在の一乗寺下り松は、昭和57年1月11日に植樹された4代目の下り松です。

五月の大祭


毎年5月には、八大神社の大祭が、宮座・氏子に伝承された古式にのっとって執り行われます。準備は4月下旬から行われ、境内では、しめ縄づくりや鐘、太鼓の打ち方、調子の合わせ方、鉾さしなどの練習が始まります。

5月4日は宵宮祭が行われます。宵宮祭は神幸祭の前日に行われる前夜祭です。下一乗寺、上一乗寺の地域の神輿が氏子区域を練り歩きます。19時に下一乗寺、20時に上一乗寺の神輿に御霊を移し、それぞれ出発した後、21時半頃境内に戻って来ます

5月5日は神幸祭が行われます。踊り児の男児は五色の色紙で作られた垂紙の束を竹竿の先端に結いつけたサンヨウレホウキを持って練り歩きます。稚児は、冠・着物に袴を着用し、手に榊の小枝を持って巡行します。子供神輿も巡行します。剣鉾巡行や神輿巡行もあり、多くの人が参加する大祭です。

特殊神事

八大神社では、一年間に数多くの祭事が行われています。その中でも古くから伝わる独自の祭事は特殊神事と呼ばれています。年に7回行われる七御供祭、4月第1日曜日に行われる神弓祭と遷御祭、7月上旬と10月上旬に行われる湯立祭があります。

お守り

勝守
宮本武蔵と吉岡一門が決闘した当時の一乗寺下り松古木の木片の一部が入っているお守りです。「何事にも打ち勝つお守り」として人気です。

八大神社御朱印

通常の御朱印は300円で、祭礼の特別御朱印は500円です。どちらもいつ参拝してもいただけます。オリジナルの御朱印帳は剣鉾が刺繍されていて色は黄色と桃色があります。1200円です。

八大神社散策ルート

八大神社→詩仙堂→圓光寺→曼殊院というルートがおすすめです。比叡山の紅葉を見ながら散策できるので紅葉のシーズンは人気の散策ルートです。曼殊院から少し足を伸ばせば修学院離宮にも行くことができます。

八大神社周辺

八大神社周辺は紅葉スポットが密集しているのは、紅葉を楽しめますが混雑する場所でもあります。紅葉以外の時期は比較的人が少ないので、静かに巡ることができるスポットも多いでしょう。

八大神社の隣にある詩仙堂や、斜め前にある野仏庵があります。また、数分歩くとこの周辺では紅葉時に最も混雑するほど人気がある圓光寺があります。その他、金福寺や狸谷山不動院などもあります。

圓光寺よりさらに歩くと曼殊院・修学院離宮・赤山禅院・鷺森神社など、紅葉の美しいスポットがあります。

八大神社へのアクセス

[map address="住所:京都市左京区一乗寺松原町1" width="100%" height="300px" api="AIzaSyAlCYoqYGdKEPIea4tlRi1pKS8PT2DvVzE" theme="" class=" " zoom="15" draggable="true" controls="true"]

住所:京都市左京区一乗寺松原町1

◆電車の場合
最寄駅 : 叡山電鉄線・一乗寺駅

◆バスの場合
京都市営バス5・65・北8系統、一乗寺下り松で下車
京都バス55系統、一乗寺下り松で下車

-神社

Copyright© 京都ページ | 京都観光のおすすめ・定番・紅葉などを写真解説 , 2018 All Rights Reserved.