Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

観光スポット

京都タワーと周辺の観光スポットを総解説

更新日:

京都タワーは、京都駅烏丸中央出口前にそびえ立つ、京都のシンボルです。建物は1963年に着工し、1964年8月31日に開館、タワーは12月28日の開業しました。台座となる京都タワービルを含めた高さは地上131メートル、京都市内では最も高い建造物で、地上100メートルにある展望台からは京都の市街地が360度見渡すことができます。

他にもレストランやお土産が買えるショップ、大浴場まである京都タワー。外から眺めるだけという人も多いようですが、せっかく京都に来たのならぜひ中に入って見てください。子ども連れでも、カップルでも友達同士でも楽しめる場所です。

京都タワー見どころ

京都タワーは京都市内のあらゆる場所から見えますが、京都駅のエスカレーターを上がった場所から見ると迫力のある京都タワーを見る事ができます。また、京都タワーは有料で中に入ることもでき、展望台やレストラン、お土産屋などを楽しむ事ができます。

展望台

京都タワーの見どころはやはり地上100メートルの展望台です。東山三十六峰に囲まれた古都京都の市街地が360度見渡せるので、清水寺、東寺、知恩院、西本願寺など日本を代表する寺社仏閣を一望することができます。展望室5階へは入場券が必要ですが、設置している望遠鏡や、2016年4月1日に導入されたタッチパネル式観光案内モニターも無料で利用できます。

タッチパネル式観光案内モニターは、観光名所の情報を検索できるほか、日本初の動くQRコードを読み込むことで、検索した観光情報をご自身のスマートフォンへ無料でダウンロードすることもできます。動くQRコード は、デジタルズーム機能を用いることで、まるで現地にいるような体験をすることができます。

五山送り火

京都タワーは京都の夏の名物「五山送り火」を見ることができるスポットです。五山全ての文字を見ることができるので人気のスポットになっています。しかし、五山送り火を展望台で見ることができるのは、京都タワーホテルの「五山送り火鑑賞付きプラン」か、ツアー会社の五山送り火ツアーに申し込んでいる人のみです。誰でも入れるわけではないので、注意してくださいね。

スカイラウンジ空ーKUUー

地上約45メートルの眺望を眺めながら昼はカフェ、夜はバーとして営業しているKUUのオススメは夜です。シックで落ち着いた雰囲気の店内は、「大人の空間」です。カウンター席やカップル席、テーブルなど様々なシーンに合わせて利用することができます。オススメのメニューは1京都タワーホテルオリジナルビーフカレーです。シェフが約50年間守り続けているこだわりのカレーは絶品です。

京都タワーサンド

2017年4月にオープンした京都タワーサンド。「街・駅に続く、3つめの選択肢へ。これまでにない、これからの京都。」をコンセプトに、地下1階は飲食スペースなど約20店舗、1階はお土産など物販約30店舗、2階は京都の和の文化に触れることをテーマにしたワークショップを中心に5店舗があります。オススメは2階で、京都ならではの体験ができます。

例えば、和菓子作り体験や生八ツ橋作り体験、寿司の握り方講座など。子ども連れの方でも楽しめるのが食品サンプル製作体験です。かわいいケーキなどのスイーツサンプルを作りことができます。3歳から可能なので、ぜひ行ってみてくださいね。

夜の京都タワー

京都タワーは夜にライトアップされ、色が違うなど、楽しめる要素があります。京都市内では目立つタワーなので、ふと見上げるといつもと色が違うなんて楽しみもありますね。

京都タワー周辺の観光スポット

京都タワー周辺にある観光スポットは基本的にはシブい観光スポットです。季節によって雰囲気が変わるので、行く時期によってかなり印象が変わると思いますので、場所の特徴を知って桜や紅葉などの季節を選んで京都観光をするのがおすすめです。全て京都タワーから徒歩で行ける距離にあるので、京都タワー周辺から遠くへ行けない場合などにおすすめです。

東本願寺

京都タワーから最も近いのが東本願寺でしょう。京都タワー徒歩数分で到着します。京都タワーからヨドバシカメラに向かった裏手にありすぐ到着するので時間がない時でも京都観光が可能です。東本願寺正面の道路は、夏には桜、秋にはイチョウ並木が色づき見栄えがします。

渉成園

東本願寺から徒歩5分の場所にあり、東京タワーからも近いのが渉成園です。石川丈山によって作庭されている小さめの庭で、入場時に他の観光スポットよりも立派な冊子がもらえます。人も少なく落ち着いて回れるスポットです。庭園なので、冬に行くと寂しい印象を受けるかもしれません。紅葉の時期や夏頃に行くと、草木や花が楽しめる庭園として魅力が増した渉成園を楽しめるでしょう。

渉成園のページはこちら

西本願寺

桃山時代からの貴重な文化財が多く残された寺院です。見どころは桃山時代の絢爛ぶりを見せてくれる唐門です。見事な彫刻がいくら見ていても飽きないことから、日暮らし門とも呼ばれています。京都タワーから徒歩で行ける距離にあります。建築された経緯に歴史が絡んでおり、東本願寺との関係を知るとより楽しめるスポットでしょう。御神木のイチョウの木があるので、秋に行くとイチョウが色づき西本願寺が映えます。

興正寺

西本願寺のすぐ側にある小さなお寺が興正寺です。興正寺は入り口に咲く梅美しいので、梅の時期に西本願寺へ行く際は立ち寄って見ると良いでしょう。

東寺


創建は延暦15年(796年)から続く寺院で、1994年に世界遺産に登録されました。京都でも人気の観光地で有名なのは五重塔です。その他にも数々の国宝が保管されています。京都タワーから徒歩15分ほどの距離です。東寺には有料で入れる庭園があり、桜や紅葉の時期に行くと、美しい庭園を楽しむことができます。春の桜、秋の紅葉では夜間にライトアップが行われ、多くの観光客が訪れる人気スポットです。
東寺のページはこちら

ヨドバシカメラ

京都タワーのすぐ近くにヨドバシカメラがあります。飲食店やスーパー、雑貨なども入っている大型のヨドバシカメラで、電化製品も豊富に揃っており、フロア内もかなり広いので、立ち寄って見ると楽しめるスポットの一つです。

京都タワーへのアクセス

[map address="京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1" width="100%" height="300px" api="AIzaSyAlCYoqYGdKEPIea4tlRi1pKS8PT2DvVzE" theme="" class=" " zoom="18" draggable="true" controls="true"]
 
住所:京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1
営業時間:9:00〜21:00最終入場20:40 (営業時間を変更することがあります。)

-観光スポット

Copyright© 京都ページ | 京都観光のおすすめ・定番・紅葉などを写真解説 , 2018 All Rights Reserved.