Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お寺

南禅寺の紅葉を楽しめる見どころ一覧

更新日:

南禅寺は広い境内にいくつもの見所があるお寺で、秋には紅葉の名所としても人気のスポットでもあります。南禅寺の紅葉は南禅寺だけではなく、塔頭寺院や南禅寺を囲む山、そして永観堂など、数々の紅葉スポットが密集しているエリアでもあるのです。

ここでは南禅寺の紅葉を中心に、周辺の紅葉スポットや穴場についても解説していきますので、秋の京都観光の参考にしていただければ幸いです。

秋の観光におすすめの南禅寺の紅葉スポット一覧

南禅寺は広く色々な場所で紅葉が楽しめます。入り口から三門、三門の上から眺める紅葉や、南禅院、最勝院、天授庵・・・などなど、多くの紅葉の見どころがあるので、紅葉を楽しみたいなら南禅寺はおすすめのスポットになります。

三門

南禅寺の三門は高さが22mほどあり、その門の上に有料で上がることができます。そこから見る景色は印象深く、特に紅葉の時期には京都市内や南禅寺を高所から見れるとても居心地の良い場所です。

この三門は石川五右衛門が歌舞伎の、楼門五三桐(さんもんごさんのきり)の中でも「絶景かな、絶景かな」と言っているように、絶景スポットの一つ。ただし、石川五右衛門は桜の風景を見て言ったのだとか。紅葉も気持ちよく見られる場所なので観光の思い出に良いスポットと言えると思います。

水路閣

水路閣は南禅寺境内の南東にあり、明治23年に琵琶湖の湖水を京都の街へと運ぶための水路橋として造られました。橋の下の部分がアーチ型になっていて、延長は約93メートル、最も高い場所は約13メートルもあります。

南禅寺は紅葉の名所ですが、その中でも三門や水路閣は紅葉の見事な場所です。南禅寺らしい風景に紅葉が合わさり秋の京都観光でを楽しむには人気スポットになっています。

南禅院

南禅院は南禅寺の水路閣の先の階段を上がったところにある有料の庭を楽しめるスポットです。面積としては小さく、建物と池を中心に、その周りを歩く形のスポットになっています。見どころがそれほどあるわけではないので、期待しすぎはがっかりするかもしれませんが、季節や人の少なさなどによって美しい風景と静けさが得られる渋い雰囲気の場所です。特に滝付近は涼しさと静けさがあるのでちょっとしたおすすめです。

最勝院

南禅寺の水路閣の横に坂があり、その坂を上がっていくと最勝院があります。最勝院は小さなお寺ですが、山を背景にした紅葉も見れるので、立ち寄ってみると良いと思います。

南禅寺奥の院

最勝寺の横を通って山に向かって歩くと、南禅寺奥の院があります。ここは人があまりいない南禅寺の紅葉が見れる穴場でおすすめ。ただ、華々しい何かがあるわけではなく、山道に長い階段があり、そのさきにお堂がありつつ、山の中で秋には紅葉が見られるスポットという感じです。

静かに人気が少ない紅葉を楽しみたい人には良い場所です。さらに進んでいくと京都一周トレイルのコースに入り、山をひたすら歩くことになります。銀閣寺他、かなり遠くまで繋がっていたりするので、2・3時間程度見つつ歩くことになると思います。水やトイレなどもない山道なのでその点は要注意でしょう。

天授庵

天授庵は南禅寺の三門横にある塔頭の一つで、紅葉の名所としても有名です。昼に見られる紅葉も見事ですが、夜間特別拝観時の紅葉も美しく、できれば両方楽しみたいスポットの一つです。ちなみに天授庵から少し歩くと永観堂がありますが、永観堂も紅葉の名所であり、夜間特別拝観が行われるので、夜に観光する場合は、天授庵と永観堂は続けて行くと楽しめると思います。

→天授庵のページはこちら
→永観堂のページはこちら

-お寺

Copyright© 京都ページ | 京都観光のおすすめ・定番・紅葉などを写真解説 , 2018 All Rights Reserved.