Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

見所満載!京都観光が10倍楽しくなるサイト

本願寺 北山別院とは

2019/01/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
京都に住みつつ、観光スポットを100ヵ所以上巡ってみました。同じ場所にも何度も行ったり、鴨川でのんびりしたりと京都を満喫。歴史や神社・お寺や日本の知識なども加えて、観光に役立つわかりやすい情報をご提供できればと思います。

本願寺北山別院は、圓光寺や詩仙堂と、金福寺の間にあるお寺です。境内は狭く、見どころも少ししかありませんが、紅葉の時期には鐘の横を始め木々の紅葉が見られる場所もあります。

本願寺北山別院の歴史と親鸞

本願寺北山別院の本願寺は西本願寺、北山というのは北山養源寺を指します。入り口に親鸞の名前がある通り、親鸞ゆかりのお寺です。

親鸞は9歳で出家し、20年間もの間比叡山で修行します。その後、法然を訪ね「どのような人であれ念仏ひとつで救われる」という本願念仏の教えに出会い、流罪にあったり布教を行うなどし浄土真宗の開祖となり入滅していきます。

本願寺北山別院は親鸞が、比叡山と六角堂を100日参籠します。参籠とは「さんろう」と読み、祈願のために篭る事を言います。

参籠の際に親鸞が身を清めた御聖水が湧く井戸があり、その土地に建てられたのが本願寺北山別院という歴史があります。

その後本堂を移転したり、火災で建て直されたりし、現在に至ります。

本願寺北山別院へのアクセス

〒606-8155
京都市左京区一乗寺薬師堂町29(地図)
叡山一乗寺駅から徒歩約10分
市バス「一乗寺下り松町」から徒歩約7分

この記事を書いている人 - WRITER -
京都に住みつつ、観光スポットを100ヵ所以上巡ってみました。同じ場所にも何度も行ったり、鴨川でのんびりしたりと京都を満喫。歴史や神社・お寺や日本の知識なども加えて、観光に役立つわかりやすい情報をご提供できればと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 京都PAGE , 2019 All Rights Reserved.