Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

神社

今宮神社は玉の輿の御利益や重軽石、あぶり餅が有名な大徳寺側の神社

投稿日:

今宮神社の歴史

今宮神社のある場所は、延暦13年(794年)に桓武天皇が都で流行した疫病を鎮めるために、疫神スサノオを祀る舎があったとされています。

今宮神社としての起源は正暦5年(994年)で、当時流行った疫病を鎮めるため、悪疫退散を祈願する神輿を造り船岡山に安置されたことが始まりと言われており、この時行われた紫野御霊会が現在も毎年5月に行われている今宮祭の始まりとされています。

長保3年(1001年)にも疫病が流行し、その時に朝廷が疫神を船岡山から現在の場所に移して神殿、玉垣、神輿を新たに作らせ今宮神社と名付けました。

その後、応仁の乱など戦火によって消失してしまいましたが、文禄2年(1593年)豊臣秀吉によって再興されました。
主祭神は大己貴命、事代主命、奇稲田姫命の三柱です。

今宮神社の関連人物

桂昌院

今宮神社は玉の輿神社とも言われています。それには諸説ありますが、桂昌院(お玉)と関係があるとも伝えられています。桂昌院はお玉と呼ばれていました。身分の低い家の出身ですが、徳川家光に見初められ側室になりました。お玉のような身分の低い娘が大出世を果たしたこと、そのお玉が復興した神社であったことから、玉の輿神社と呼ばれるようになったそうです。

今宮神社の見どころ見どころ

やすらい祭

毎年4月の第2日曜日に行われています。花と共に飛び散る疫神を鎮めるために行われるやすらい祭ははしづめや鎮花祭の流れを受けており「やすらい花」とも呼ばれています。国の重要無形民俗文化財に指定されていて、京都の三大奇祭にひとつに数えられる。紫野御霊会を起源とする祭礼で、元々は疫病退散を願って始まったそうです。花傘の下に入ると厄除けになると言われていて、一般の人も参加できるお祭りです。

今宮祭

5月に行われる祭礼で、5月1日の神輿出し、5日の神幸祭、15日前後の日曜日に行われる還幸祭、19日の神輿おさめの順に数日かけて行われます。紫野御霊会が起源とされていて、西陣の氏子祭として発展してきました。
神幸祭は御出祭(おいでまつり)とも呼ばれ、今宮神社御本社で拝殿降が行われ、昼過ぎに出御します。三基の神輿を中心に氏子区域を行脚します。

還幸祭は御還祭(おかえりまつり)とも呼ばれ、正午に御旅所で拝殿降が行われたあと出御し、今宮神社御本社へ向かいます。
祭の開催に合わせて、平成26年(2014年)より、御旅所の能舞台で「能舞台フェスタ」が開催されています。

例祭(例大祭)

10月8、9日に行われる今宮神社において最も重要とされる祭礼です。舞人6人、楽人5人により神事舞「東遊」が奉納されます。

玉の輿お守り

桂昌院の玉の輿にちなんだお守りです。お守り袋は西陣織を使用していて種類も多くカラフルです。にんじんや大根、なすなどの野菜が描かれているのは桂昌院が八百屋の娘だった伝えられていることからのようです。

御朱印

御朱印は3種類あり、今宮神社の文字の御朱印が300円、花傘の見開きが500円、今宮神社で御朱印帳を購入した人だけが購入できる1500円のものがあります。

阿呆賢さん


聖石、阿呆賢さん(あほかしさん)は「重軽石(おもかるいし)」とも言われる神占石で、パワースポットとしても有名です。願い事のやり方は

  1. 手の平で三度軽く石を叩いて持ち上げる
  2. 下ろして心に願い事を念じながら優しく三回なでる
  3. もう一度持ち上げる

阿呆賢さんが最初より軽くなったと感じたら願い事が叶うんだとか。
また病気のある人は、病気平癒を祈りながら石をなで、その手で悪いところをさすれば病が良くなるそうです。

あぶり餅

今宮神社周辺にはあまり飲食店が無くランチにはやや困りますが、今宮神社の横にはあぶり餅屋があります。東門を出るとかざりやと一和というお店があります。どちらも歴史のあるお店で、かざりやは創業400年、一和は1000年以上の歴史があります。どちらのあぶり餅もきな粉をまぶしたお餅を竹の串に刺して炭火で炙り、甘い白味噌がかかっています。ちなみにあぶり餅は清涼寺にもあるので食べ比べてみるといいでしょう。
営業時間は10:00~17:00、定休日は水曜日、祝日、毎月1・15日

今宮神社へのアクセス

[map address="京都府京都市北区紫野今宮町21" width="100%" height="300px" api="AIzaSyAlCYoqYGdKEPIea4tlRi1pKS8PT2DvVzE" theme="" class=" " zoom="15" draggable="true" controls="true"]
住所:京都府京都市北区紫野今宮町21
拝観時間:9:00-17:00
拝観料:無料
アクセス:市バス 46,66番系統に乗車、「今宮神社前」下車

周辺の観光スポット


今宮神社から大徳寺、高桐院を経由して金閣寺に行くルートがおすすめです。今宮神社から金閣寺までは約1.5キロほどなので、歩いて散策をしても辛くない距離です。

-神社

Copyright© 京都ページ | 京都観光のおすすめ・定番・紅葉などを写真解説 , 2018 All Rights Reserved.